車社会の田舎人にとって、自動車は自分のステータスであり、その車種を選ぶことはかなり神経を使う。

車種を問わず高品質!日本製の自動車

車社会で自動車の車種を選ぶ

田舎に住んでいる人間にとって自動車は生活のかけがえのない「足」であり、自分の「ステータス」でもあります。
自動車を持っていることは一人前に働いていることであり、収入がある証拠です。
大学生が親にもらった自動車に乗っているのとはわけが違います。
自動車がその人の顔であり、通勤で毎日を共にするいわば仲間であり、自分の動く居場所でもあります。
ですから、自動車を選ぶ際はかなり悩みます。
田舎には田舎独特の考えや先入観があり、この車種は金持ちの象徴、あの車種はヤンキーだ、など印象というものが強いのです。
ですから、車種を選ぶのもまた大変なことなのです。

例えば、軽自動車の黒や白のシャコタンは若者の象徴だったり、ワゴン車のシャコタンは子持ちのヤンキー、黒塗りシャコタンセダンはヤーさん、などなど、人の印象というものは拭えないものです。
そんな中で自動車の車種を選ばなければならないのですから大変なものです。
私の地元では毎週のように特設会場で中古車ショーが行われています。
それはやはり需要があるから行っているのでしょう。
正直、買い替える気がなくても見に行ってしまうこともあります。
それはやはり、自分のお気に入りの車種が安く売っていたら買い替えてやろうという気持ちがどこかにあるからでしょう。
このように、田舎人の自動車というのは日々切っても切れないものであり、その選び方というのは困難であり、多種多様であることが言えます。

ピックアップ情報

Copyright (C)2017車種を問わず高品質!日本製の自動車.All rights reserved.